日産カルロス・ゴーン氏のCEO退任とリーダーシップについて

日産自動車 カルロス・ゴーン氏のCEO退任(2017年4月1日)が発表されました。

カルロス・ゴーン氏は、1999年 ルノーより日産のCOOに就任、その当時経営危機にあった日産

を復活させるため「日産リバイバルプラン」、「日産バリュープラン」などをリードし、

現在は、日産とルノーの両社のCEO、三菱自動車の会長をつとめる。

カルロス・ゴーン氏のリーダーシップのキーワードは下記と考える。

1)一貫性

一貫性を持ち、素早く決断する点。日産リバイバルプランの時の5工場閉鎖や三菱自動車への出資などの決断をしている。

2)問題発見と優先順位

事業の問題を発見し、優先順位付けを行う。例えば、企業にとって重要な市場シェアと利益について、「シェアよりも、利益を優先する」と言っている。

3)コミットメント

自らも厳しく目標を追求し、またメンバーにも同様にコミットメントを求める。日産リバイバルプラン(1999年)の時には、「目標達成できない場合は、責任を取ってやめる」と宣言している。

4)異文化理解

外国人経営者でありながら、日本企業の強み(技術力、製造力、品質力、現場力など)をよく理解、尊重し、活用している。

なによりもゴーン氏の経営、リーダーシップは、シンプルでわかりやすいということがある。

一見、複雑な経営やリーダーシップを難しくとらえ、複雑に説明するのではなく、

だれにでもわかるように優先順位をつけ、実践している点も強みである。

ゴーン氏の後継者育成力、人材育成力については、今後、新体制となる日産の事業経営により

判断される。

(EQパートナーズ代表取締役・立教大学大学院ビジネスデザイン研究科 教授 安部哲也)

 

【ご参考】よろしければ、下記もご参考ください。

「カルロス・ゴーン流リーダーシップ・コーチングのスキル」

(安部哲也著、あさ出版)

https://www.amazon.co.jp/gp/product/4860630440/250-3299046-9728248?v=glance&n=465392

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中