【コラム】コアコンピタンスとリーダーシップ(by安部哲也)

ある企業の部長層向け経営&リーダーシップ研修で、ハーバードビジネススクール ケース “富士フイルム第二創業”を題材に、ディスカッション
を行いました。
これは2006年以降、第二創業として企業変革に成功した富士フイルムと、対照的に、変革できず、倒産したコダックとを比較したケースです。
このケースから学べる点は、
1.自社のコアコンピタンスの定義と実践活用 
2.古森社長の変革型リーダーシップ
です。

コアコンピタンス(中核的強み)とは、
1)顧客にとって高い付加価値を与えられること
2)幅広い分野に応用できるポテンシャルがあること
3)競合他社に真似されにくいこと 
です。
富士フイルムは、“超微細粒子・コラーゲン制御など高機能材料分野の技術”を自社のコアコンピタンスと定義し、これを活用してフラットパネルディスプレイ、医療品や化粧品事業に展開していきました。
「みなさんの会社はコアコンピタンスを定義できていますか?」
これはたいへん難しい質問です。
VUCA(変化、不確実、複雑、曖昧)の時代と言われる現在、企業経営者も“自社のコアコンピタンス”について、悩んでいます。

また、古森社長の変革型リーダーシップとは、トランスフォーメーショナル・リーダーシップです。
限られた情報の中から決断する能力、決断したことをやり抜く圧倒的な実行力、人を動かす力などが、強みとしてあげられます。
半面、カリスマ性が強すぎ、社員層から反対意見が上がりにくいのでは? 後継者問題は?など、活発な議論がありました。
「みなさんの会社ではいかがでしょうか? 状況に応じたリーダーシップが発揮されているでしょうか?」

参考:ゲイリー・ハメル著『コア・コンピタンス経営―未来への競争戦略』

(EQパートナーズ代表取締役社長・立教大学大学院 教授 安部哲也)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中