シンガポールの中の未来都市、バイオポリス

先日、某製薬会社様と打ち合わせのため、バイオポリスに行ってきました。

バイオポリスはシンガポールの西に位置するバイオメディカル分野の研究都市です。

教育省やシンガポール国立大学にも程近く、官民連携拠点としても活用されています。

バイオポリスは政府主導で計画され、建設費用は3000億円以上。

再生医療、クローン研究、癌遺伝子の解明など、将来有望な分野の研究に集中投資するための施設です。

IMG_4340

シンガポールはあらゆる分野の優秀な人材を世界中から集めることを、国家成長戦略として明言しています。

その中でも特に力を入れているのが、バイオテクノロジー関連の科学者たちの獲得なのです。

私が訪問した日系大手製薬会社さまも、こちらにアジアの研究開発拠点を置いておられます。

IMG_4337

バイオポリス(第一期)の建築デザイナーは世界的に有名な女性建築家、ザハ・ハディッドさん。

ハディッド女史はイラク出身。

英国をベースに世界中で活躍し、多くの建築に関する賞を受賞しています。

さすが有名建築家のデザインした近代都市。

まるで近未来に紛れ込んでしまったような感じです。

ガラスが多く使われたシルバーのビル群の間を熱帯の原色の緑が彩ります。

そんな近未来都市にもビルの片隅に、地元の人たちが好む、濃くて甘いコーヒーや紅茶、また肉まんなどを売る小さなカフェがありました。

熱帯の熱い日差しをさけて、静かに一服する人の姿がちらほら見られます。

ここでは、昔ながらのシンガポールの風景が見え隠れします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中