イノベーションに関して

約100年前の1911年オーストリアの学者シュンペーターにより定義されたイノベーション。

シュンペーターは、経済活動の中で生産手段や資源、労働力などを

それまでとは異なる仕方で「新結合」することと定義しました。

その後、ピーター・ドラッカーなどをはじめ、多くの研究者たちにより

イノベ―ションに関する研究が進められました。

 

1997年、ハーバードビジネススクールのクレイトン・クリステンセンが

「優良な企業が合理的に判断した結果、破壊的イノベーションの前に参入が遅れる」という、

イノベーションのジレンマを発表し、注目を浴びました。

また、クリステンセンは2011年発行の『イノベーションのDNA』の中で、

イノベーションは天才的なひらめきなどではなく、

①「関連づける力」②「質問力」③「観察力」④「ネットワーク力」⑤「実験力」を高めていくことが

新しい発見、イノベーションにつながるとしています。

 

以前、私はクリステンセンのセミナーに参加した際、

「イノベーションはその国の文化が影響するのではないか?

異文化研究の調査では、日本人はリスクを取らない傾向がある」と質問をさせて頂きました。

その際、クリステンセンは「日本もかつてはソニーのトランジスタラジオ、ウォークマン、

任天堂のゲームなどをはじめ、世界的にイノベーティブな製品を生み出してきたではないか。

国の文化はイノベーションとは関係がない」と回答しました。

 

イノベーションが企業の発展、成長のカギを握ることは間違いありません。

イノベーションの本質、ノウハウを研究し、

イノベーションが起こる組織文化、プロセスなどを構築する必要があろうと思います。

【参考】

『イノベーションのジレンマ』(クリステンセン著)

http://www.amazon.co.jp/dp/4798100234/ref=pd_sim_b_2?ie=UTF8&refRID=0N0Q1JQ6492DNQVFMY0S

『イノベーションのDNA』(クリステンセン著) http://www.amazon.co.jp/dp/4798124710

(記: EQパートナーズ 代表・立教大学兼任講師 安部哲也)

お問い合わせ・ご感想等ございましたら
info@eqpartners.com までご連絡ください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中