【満員御礼】8月27日「グローバル交渉術」セミナー

8月27日、EQパートナーズ主催でシンガポールマネジメント大学の
マイケル・ベノリール教授をお招きして、「グローバル交渉術 -欧米流&アジア流交渉のノウハウ-」セミナーを開催しました。
当日は定員の24名の方にご出席いただき、白熱した講座が行われました。
マイケル教授セミナー風景.jpgマイケル教授講義.jpg

このセミナーでは、「交渉における異文化要素を考慮する」という点にフォーカスをして講座が進められました。
同セミナーでの主なポイントは下記です。
* * * * *
西洋(欧米)と東洋(アジア)では文化が大きく違い、交渉のやり方にもそれが表れる。
文化の違いを調整しながら交渉を進める必要がある。
①ハイコンテクスト文化(アジア)とローコンテクスト文化(欧米)
欧米では交渉の内容にストレートに入っていくが、
アジアでは交渉相手の全容を知り、人間関係・信頼関係を作ってからでないと交渉がスタートできない。

②欧米では契約に際しての文書等は公式・法的なものであり、極めて詳細に内容が記載されるが、
アジアでは、一緒に働くという意図の表現であり、あまり詳細に記載されず、変更もありうる。

③欧米では比較的ストレートに感情を表情に出して表現するが、アジアではあまり表情を出さない。

上記をはじめとする東洋・西洋の文化の違いに対し、片方だけでなく双方でその違いを理解し、
双方が歩み寄り調整しながら交渉を進めることが重要である。
* * * * *

上記のような交渉の基本セオリーを踏まえておくことは、
これからのグローバルビジネスを円滑に進めるために欠かせません。
安部@マイケル教授セミナー.jpg

弊社では企業向け「グローバル人材育成プログラム」として「交渉」をはじめ
「グローバルマインドセット」「異文化理解」「プレゼンテーション」等
多彩なテーマで研修・講座をご提供いたしております。
カスタマイズも可能ですので、ご相談ください。
Email: op★eqpartners.com
★マークを@マークに変更して送信ください。 op@eqpartners.com

【満員御礼】8月27日「グローバル交渉術」セミナー」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: ビジネスリーダー・パースンのための交渉術の重要性 | EQ PARTNERS BLOG

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中